【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。



【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:2021/01/14

ジョギングというと、
きつい・辛そう…というイメージがありますが、
それはもう過去の話。

減量、健康的なからだ作り、ストレス解消…など、
いろんな目的でジョギングを楽しむ人が増えています。

いくら減量に効果的だといっても、
連日走り続けると、知らないうちに
精神的にも身体的にも疲労が溜まります。

しかし一週間に1回では効果があまり期待できません。
無理のない程度で、
一週間で2〜3回を目安に継続することが大事です。

有酸素体操の効果を最大限に引き出すのは、正しい呼吸法。
鼻から2回吸って、口から2回吐く…
できるだけ大きくゆっくり呼吸することを心がけましょう。

からだを動かし始めてから、
からだに溜まった脂肪が燃焼されるまでには、
20分以上かかると言われています。

なので、ジョギングは20分以上を目安にし、
自分の体力と相談しながら時間を延ばしていきましょう。

ジョギングは膝と足首を痛めやすいので、
屈伸、アキレス腱を伸ばす、足首を回すといった
足回りの準備体操はとくに念入りにしましょう。

走る前に200mlほど水分をとっておくと脱水を予防できます。
走っている途中はもちろん、走り終えた後も水分補給を心がけましょう。

筋肉に疲労をためないように、
走り終わった後数分は歩くようにしましょう。
筋肉をほぐすストレッチも忘れずに!

ジョギングは代表的な有酸素体操であり、
筋肉強化や健康、アンチエイジングに効果的!
健康的な減量にはもってこいですね。

また生活習慣病の予防にも役立つので、
連日の健康管理としてとり入れてみてはいかがですか?

明日はいい日かな〜