【レーシック知識】レーシックの前には適性検査

メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。



【レーシック知識】レーシックの前には適性検査ブログ:2021/04/06

ぐっども〜に〜んんん(テンション低ぅ

シェイプアップのために
サウナに行ったり、サウナスーツを利用したりしている方も
たくさんいると思いますが、
間違った利用方法をしていると、
シェイプアップ効果が全く期待できないんですよね。

例えば、
サウナでしっかり汗をかいても、
その後に喉が渇いてビールを飲んでしまう…

このサウナ後のビールが非常に美味しくて、
ついつい飲み過ぎてしまい、
結局、気がつけば
体重が前より増えていたなんていう人もいます。

また、サウナスーツで汗をかきやすくしようと思ったけれど、
からだが蒸れてしまって、
からだのあちこちにあせもができたという方もいるそうです。

サウナは汗をかいて
簡単に体重ダウンができるので、
シェイプアップに利用している方も多いと思います。

高温のサウナにじっと入って汗をたっぷりかけば、
短時間で7キロや7キロの体重ダウンができるでしょうが、
これは脂肪が燃焼されて減ったわけではなく、
からだの中の水分が減っただけですので、
すぐにまた体重は戻ってしまいます。

サウナから出た時にものすごく喉が渇くのは、
人間のからだというのは一定量の水分を必要としますから、
出てしまった水分を一生懸命に補給しようとするからです。

そのときに
ノーカロリーの水やお茶を飲んで補給するのはいいですが、
カロリーの高いビールやジュースなどを飲んでしまうと
全くシェイプアップにはなりません。

汗をかくことは健康のためにいいので、
シェイプアップをするというよりは、
健康なからだを保つ為に、
上手にサウナを利用してみたらいかがでしょうか?

また、
その他のシェイプアップと組み合わせることで、
より効果が上がると思いますよ。

おしまい!!!