【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック


【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニックブログ:2020/08/03


肺活量を増やして、心肺機能が高まると、心臓や肺が活発に働き、
そこから血液や酸素をもらったからだの各部が活性化され、
結果として基礎代謝量がアップするといわれています。

肺活量を増やすことはダイエットにはもちろん、
健康面でもとてもいい効果がるみたいですよ。

ダイエットといえば
筋肉や脂肪にばかり目が行きがち…

でも肺活量や心肺機能に目を向けて、
さらにダイエットの成功率を
アップさせることができたらいいですよね。

当然ではありますが、
肺活量を増やすにはトレーニングが効果的です。

特に、ウォーキングなどの有酸素トレーニングがいいとされています。
連日一定時間歩くだけでも、心肺機能はアップします。

また、姿勢を正すことも大切!
正しい姿勢を保つだけで、肺活量を上げて、
基礎代謝量を増やすという効果が期待できるんです。

姿勢を正すと、ずれていた内臓が正しい位置に戻って、
正常に働くようになるので、さらに基礎代謝量がアップする効果があります。

ところで、肺活量と聞けば
トレーニングや姿勢よりも先に思い浮かぶのは、深呼吸なのではないでしょうか。

意識せずに生活していると、
1日に1回も深呼吸しないなんて人がいるかと思いますが、
1日に数回意識して深呼吸をしてみましょう。

どんな深呼吸でも肺活量を増やす効果がありますから、
みなさんの知っている深呼吸で大丈夫です。

基礎代謝量をアップさせるにはさまざまな方法があるわけですが、
これらをいきなり全てやろうとすると無理がありますよね。

ポイントはトレーニングと姿勢です。
正しい姿勢で過ごして、継続的にトレーニングを行うことで、
基礎代謝量はアップするでしょう。

基礎代謝量の高いからだは、太りにくくやせやすいからだということです。

今日は、ここまで。
川元弓子
http://www.jobstock.jp/search/keyword_CafedinigOrganica%E5%B7%9D%E5%85%83%E5%BC%93%E5%AD%90.htm

飛鳥 クルーズナビ
https://www.best1cruise.com/B/ASU/

amazon s3
https://cloudpack.jp/service/aws/plan/s3-hosting.html

フコイダン
http://lmf-assoc.jp/

システム 移行
https://cloudpack.jp/service/option/system-migration.html