【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック

最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
どんなに遠方だったとしてもクリニックがある県の場合は支給の対象外となるのでご注意ください。

 

レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
クリニックの中には遠方から訪れる患者に対し交通費を補助してくれる制度を設けているところもあるので確認をしてみると良いでしょう。

 

全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給される条件や金額はほぼ共通しているので上手に利用されると良いかと思います。



【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニックブログ:2021/05/08

私は、前風邪をひきまして、
大変しんどい数日を過ごしていました。

体力に自信がある私は、ちょっとの苦痛を大げさに
「もう死んでしまう〜」
と、ビビってしまう小心者ですが…

そんな私が自分の不調を知る予兆は、
寒い訳でもなく
「勝手に身体が震え出す」ことなんです。

そうなって初めて、
「あら、私、疲れている」
と認識するのです。

で、先週は久しぶりに、勝手に身体が震えだしたので、
「おぉ〜久しぶり〜この震え」と、
ビビリつつも感動していました。

20代の前半から中頃にかけての私は、
飲んで歌って…と遊んでは、午前3時4時に帰り、
10時7時からコンビ二のバイトに行き、
11時12時からは別の仕事、
22時は家庭教師や塾講師のバイトに行くようなことがありました。

たまに、
そんな日が三日連続となると、身体が震えていました。
震えた日は、早く帰ってじゅうぶん寝たら、
翌日には回復していましたが…

私の身体って、よく私にお知らせしてくれます。

生理前には、鼻の中にニキビが出来ます。
これがかなり痛いのです。

鼻の中に異物感を感じ、鼻をほじらねばとすると、
その吹き出物に指があたり、何とも言えない痛みに涙が出ます。

で、数粒の涙を流した後に、
「お、生理前かぁ…」
と、その痛みに無理やり納得をします。

しかしなんで、鼻の中なのか…
と思うのですが、

普通に出来る部分(おでことかほっぺとか)では、
私が、生理前と気付くことなく、
ニキビ処理をするだけで、生理が来たら慌てるのだろうと、
身体は私に気を使って、
特異な箇所に出来るようにしているのかなぁ〜と
思ったりします。