【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック

最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
どんなに遠方だったとしてもクリニックがある県の場合は支給の対象外となるのでご注意ください。

 

レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
クリニックの中には遠方から訪れる患者に対し交通費を補助してくれる制度を設けているところもあるので確認をしてみると良いでしょう。

 

全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給される条件や金額はほぼ共通しているので上手に利用されると良いかと思います。



【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニックブログ:2020/10/16

ぐっども〜に〜んんん(テンション低ぅ

今日は大切な日なんです♪


今日はお昼からゆっくり池袋に
行ってきます♪

先週の公園に行った時の写真やら、
出来上がったらしくて、ちょっと楽しみ☆

というかスロベニアに行った時の写真、
まだ現像してなくて、わたしこそやらなくては。

友達にも暇ある時に、デジカメ整理で
写真を作ってきてとは言われてるんだけどねー。

放置をしすぎてメモリーがいっぱい(笑)


そーいえば、ダイエットコーヒーも買わなくては
と思いつつ忘れてるし、仕事が忙しくてエクササイズ トランポリンを
やる暇がなくて、最近母親がお昼からジム行くのを
やめてはじめたらしい。

節約するとかいいつつ、サントレックスはしっかり
買っていたけどねー。

骨盤体操仲間に勧められたとか(笑)

若い頃に比べると8キロ太った後にダイエットをしても
なかなか痩せないとか言ってたけど、それなりに楽しんでる
ところもあるような気がする。

そんなことを話しながら肉餃子を食べている時点で
矛盾しているような気がするけど。

一昨日も間食は寒天ラーメンに
変えてみるとか言ってたよ。

年のわりに若いと褒められるって喜んでいたけど、
それなりにお金使ってるでしょ!?と言いたいところ。

意外に今は若い人よりも、ある程度年が行った人の方が
良く動いていて健康な気もしないこともない。


よく笑って、よく食べて、よく動く。

これはかなりわたしには無縁の話かもしれない(笑)