【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック

最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
どんなに遠方だったとしてもクリニックがある県の場合は支給の対象外となるのでご注意ください。

 

レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
クリニックの中には遠方から訪れる患者に対し交通費を補助してくれる制度を設けているところもあるので確認をしてみると良いでしょう。

 

全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給される条件や金額はほぼ共通しているので上手に利用されると良いかと思います。



【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニックブログ:2020/09/25

結婚してから気づいたのだが、
ミーの主人は無趣味な人であった。

例えば、読書にしても…
実用書が好きだったり、読む時も仕事上の文献を探すとか、
「楽しむ」感じではない。

釣りや各種アウトドアスポーツの道具を持っていたり、
遠出をしたこともあるようで、
体を動かすことが好きなのかな?とも思ったが、
友人に誘われてやってみたことがある…という程度。

かといって、
「絵を描きます」とかそういうのもない。

主人は定年後どうするのだ!?と密かに思っているのだが、
それはさておき…

高校時代は水泳部だったという主人は、
水の中で体を動かすことは楽しんでできるようである。

それでも、
ミーと結婚してから休日にプール、夏場に海…など、
積極的に出かけることもなく過ごしてきた。

しかし、現在5歳になるお子様が
スイミングスクールに通うようになると、
休みの日には公営プールに出かけて、一緒に遊んでくれるようになった。

カナヅチのミーにとって、
それはとても有難く(ミーは水泳を教えることができないので)、
健康的な趣味ができた!と喜んでいる。

もちろん、お子様も
「プールに行く」というととても喜んでいる。

お子様はママ大好きっ子なので、
普段はミーと一緒でなければ、主人と出かけることはない。
それが、プールだけは別。
それは主人にとっても嬉しいらしい。

残念ながらミーは一緒に行ったことがないので、
二人がプールでどんな風に過ごしているかは分からない。

でも二人とも充実した顔で帰ってくるので、
きっと楽しいのだろう。
男二人、なかなかいい趣味ではないか!